スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「歩行」訓練

トレーナー志田実希さんが行ってくれている
「歩行」という基礎訓練
近日youtubeにUP予定。





以下、僕のブログに書いた記事を引用


********************

正しく美しく丁寧に歩く_ということだけを心掛けて歩く練習。
ゆっくりと、はりつめて、刀のように歩く
語弊があるかもしれないけれど、わかりやすく「真っ直ぐ歩く」と表現しよう。

やってみるとすぐにわかるのが、つぎの2点
①真っ直ぐ歩くための筋力が不足している
②真っ直ぐ歩くための意識が不足している

筋力は言わずもがな、普段ズルして歩いている部分は弱っているわけで、
(それはそれで、生活のリアリティ)
真っ直ぐ歩くためには、俺の場合、足の裏の筋肉が思い切り不足
姿勢に関しては、背筋がないから猫背。
肩が固いのは普段動かしてない証拠。

意識については、もっと恐ろしくて
「どう歩いていいか分からなくなる」という状況に陥る
どう歩いたら真っ直ぐ歩けるのか?わからなくなるのだ。

さて、
「歩行」は全身運動なので毎日訓練していれば上手くなる。
筋力や意識は日々の稽古で蓄積していくのだから。

「歩行」の訓練を見て、俺が最も大事だなと思ったのは
「模倣」の技術。
「どうしたらお手本の様になるのか?」を見極める目を持つことだ。
手の角度は何度か?歩幅は何センチか?呼吸は?軸はどの程度ぶれるのか?
歩行速度は一定なのか?どこに汗をかくのか?などなどなどなど

「模倣」は俳優にとっては欠かせない技術。
「あんな風にやりたいなぁ」と思った時に、なるべく短期間でそうなれるに越したことはない。
「猫のように演じたい」「@@さんのように演じたい」「年齢をもっと下げたい・上げたい」
そう考えた時に、あるお手本を観察して、解析して、模倣するわけだ。

「どう模倣していいかわからない!」と言うのならば、
「歩行」の訓練で、その技術は高まる。

模倣は人間だれしも持っている技術。
磨きあげて、舞台上の実用品にするのが俳優の技術。


「歩行」は身体訓練であると同時に、
観察・分析・実行の訓練でもあるのだなぁと、思いました。

***************


スポンサーサイト

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

セリフの覚え方(実践編)

25年05月20日の回

小林へろさんトレーナーのヒビノケイコWS
本日の内容は、全面的に同意。
というのは
セリフの覚え方について。
「身の回りの風景と併せて覚えてしまっては応用が利かなくなる」というお話。

例えば、
コップを持ちながら「春はあけぼのようよう白く」というセリフを覚えたとする。
コップという風景と一緒にセリフを覚えるわけだけれど、
これだと、コップを持つことがセリフ吐き出しの条件になってしまって、コップを
持たざるを得なくなる。

 コップを持たずにセリフを言う、というパターンに対応しにくくなってしまうのだ。

なので、
セリフを覚える時は、別なの何かをしながら、
例えば、ジャグリングでもしながら、覚えるのが良い。


僕は、この方法に全面的に同意する。
どんな状況でも、セリフが出てくるのであれば、
実際の稽古場で、ものすごく応用が効く。


矛盾するようだけれど、
セリフを音として覚える、という意味ではなく、
必要以上に過剰な意味として覚えるのを回避するために、
カラダに沁みこませるために、意識を逸らしながら覚えるべきだということだ。

 読み込んで、自分なりに台本分析を行うのと同時に、
ジャグリングしながら覚える。というのは
すぐにでも実践できる、素晴らしい方法だと思った。

以上、強引なまとめだけれど、実践的な方法。

脳をいじる

ブログの更新が滞っておりますが、
ヒビノケイコWS順調に折り返し地点を迎えております。

下記写真は小林へろトレーナーによる
ミニ座学の様子。

ヒビノケイコWS_へろさんざがく

と思いきや、
みなさんが書きこんでいるのは、
なんと。。。「絵」!

ヒビケイコWS_へろさんざがく2

この日は、物事の特徴を短い時間でとらえるための
技術を伝えているようでした。

丁寧に時間をかけて、
脳みそをいじる様な稽古、
へろさんの演技術の片鱗がうかがえました。



ケイゾクWS_概要

内容:基礎演技術向上の為にトレーニングを継続実行しませんか?
トレーナー:中嶋かねまさ
期間:2013年10月8日~12月17日(週一回)
期日:毎週火曜日 20:30~22:30
参加者の都合に合わせて補習日を設けます。
対象:俳優をしている方、演じることに興味のある方 (演劇経験、年齢、不問)
会場:劇団ハンニャーズ稽古場(新潟市南区大別當949-1
参加料:2000円/月 一回のみ参加500円(2回目以降1000円)

申し込み:申し込みフォーム

カテゴリ
ケイゾク編_申し込みフォーム
応募ボタン
最新記事
山の手事情社 浦弘毅演劇WS
日時:平成25年
11月30日(土)13:00~18:00
12月01日(日)13:00~18:00
会 場:劇団ハンニャーズ稽古場(新潟市南区大別當949-1)
参加料:1,500円×2(1日のみの参加でもOKです)
定 員:先着20名様
対象:新潟県内で演劇活動を行っている方(動きやすい恰好でお越し下さい)
申し込み先:浦弘毅WS申し込みフォーム
WS詳細
第1回ヒビノケイコWSについて
2013年4月~9月までの半年間、中長期的なWSを行いました。トレーナーは小林へろさん・志田実希さん。詳細はコチラ
管理人

中嶋かねまさ

Author:中嶋かねまさ
シナモンニッキ
劇団ハンニャーズ主宰
新潟演劇感想「例の掲示板」運営部員

おススメWS書籍

発声と身体のレッスン 増補新版 ─ 魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために

新品価格
¥1,890から
(2013/1/20 10:06時点)


演技と演出のレッスン ─ 魅力的な俳優になるために

新品価格
¥1,890から
(2013/1/20 10:08時点)


竹内レッスン―ライヴ・アット大阪

新品価格
¥2,730から
(2013/1/20 10:10時点)


「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)

新品価格
¥756から
(2013/1/20 10:11時点)


演技者へ!―人間‐想像‐表現

新品価格
¥2,100から
(2013/3/13 09:14時点)


鴻上尚史の「声」のレッスン ~魅力的な「こえ」の作り方~ [DVD]

新品価格
¥2,800から
(2013/1/20 10:16時点)

運営資金に補填
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。