スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

noismダンサーによるWS

昨晩、H25年6月24日(月)
ヒビノケイコWSのスペシャルゲストとして
Noism1メンバー・宮河愛一郎さん
Noism2バレエミストレス・篠原未起子さん
がWSを行ってくださいました。

僕は
カメラを回し続けていたのですが、
動画のUPはまたしても後日になりそうです。
すいません!


さてさて、
かいつまんで内容をお話します。
まずは篠原さんの「リラクゼーション」から

驚いたのは、
最初の柔軟が「舌を回す」から入ったこと
次に「目玉を回す」
骨が入っていないところを最初に動かして
緊張をほぐしていくというものでした。

次に、背骨一個一個を「積み重ねるように」背中を伸ばす
一節一節意識してカラダを組み立てなおす。そんな感じ。

特筆すべき点は、
篠原さんの声。
「よどみがない・迷いがない」と僕は感じたのですが、
彼女の声に従ってカラダと横隔膜を動かしていれば、
自然とリラックスへと導いてくれる。そんな感じ。


「必要な力は抜かない」「余計な力をほどく」
文字にすると当たり前のことですが、
誘導が本当に上手くて、カメラを回している僕自身もカラダが
動き始めました。
 自分のカラダのことはもちろん、他者のカラダのこともわかってらっしゃるんだなぁ
と舌を巻いてしまいました。

続いて宮河さんのWS
結論から言いますが、「カラダのシンクロ(同調)」に重点を置いたものだったと思います。
静かなシンクロから、ダイナミックなシンクロまで。
参加者に
「頭では分かっているけれど、どうしていいかわからない」
と言う例の感覚が出そうになると、
宮河さんは、実際にパートナーになってやってくださいました。

 一気に「ああ。この感覚かぁ!」ってわかる。

上質なWSがすたれない理由がわかりました。
慣れるよりやってみた方が100倍速い
と言う「体感」を、実際に参加者のカラダに教えてくれるのです。
例えば、目をつむったパートナーと手をつなぎ、
「一緒に歩く」と言うエチュード。
「歩いたら、歩く、止まったら止まる」こんな単純な動作でも
わからない人にはわからない。

 宮河さんは、
「筋肉で、伝えるのではなく、気持ちで伝えるイメージで」
と、さりげなく、確信を持って言い放ちます。


そして、気持ちが伝わる感覚を、その場で体験させてくれます。
(もちろん、筋肉で伝わるんですよ。。。けれど、筋肉がどうこうなるから。。。
っていう、説明はしないのです)

「オノマトペで伝える」と言う、スポーツ科学の考え方がありますが
(ぐ、ぎゅーん!って地を踏んで走る、とか)
(むん、わぁああってボールを投げる)
少し似ているのかもしれません。

 とにもかくにも、一流のダンサーであり、トレーナーである方々なので
自分のカラダのことはもちろん、他者のカラダを知っているという点で
第六感とも言えるような、
 「体を動かすための気持ち」
を、次々と体感させてくれるのです。

例えば、
リーダーとそのパートナーと言う風に役割を決めます。
腕と腕を触れ合わせて、リーダーの腕の動きに合わせて
パートナーは腕が離れないように動きます。
最後にはリーダーがパートナーを一回転ターンさせます。
言葉足らずですいませんが、
普通は、ターンまでは行けないのです。
理屈がわかっていても、なかなか、そうはならない。
その理屈を超えて、
「こうです」
と、宮河さんはパートナーをたやすく一回転させます。
パートナーは一挙に「こういうことか!」とわかります。

逆上がりと一緒で、
理屈を繰り返すのではなく、一挙に全部が出来るようになる感じ。


出来たあとで
「これはこういうことだから。。。」を説明をくださいます。
参加者、みんな、超納得。
参加者からは自然と笑顔がこぼれます。

WSの最中
お二人とも、参加者のカラダと自分のカラダを丁寧に探りながら見つめていました
「ん?これは出来ないな。あはははは。じゃあ、こうしましょう」と臨機応変。

約二時間のWSがあっという間に終わってしまいました。

 自分たちが知っている感覚と考え方を出し惜しみしないで教えてくれる

そんな清々しい体験でした。


もう、ほとんどマンツーマンみたいな状況だったんですよ。。。
ああ、参加者の方々が羨ましかった!!!ww

とりあえず、
簡単なレポートですが、UP
























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ケイゾクWS_概要

内容:基礎演技術向上の為にトレーニングを継続実行しませんか?
トレーナー:中嶋かねまさ
期間:2013年10月8日~12月17日(週一回)
期日:毎週火曜日 20:30~22:30
参加者の都合に合わせて補習日を設けます。
対象:俳優をしている方、演じることに興味のある方 (演劇経験、年齢、不問)
会場:劇団ハンニャーズ稽古場(新潟市南区大別當949-1
参加料:2000円/月 一回のみ参加500円(2回目以降1000円)

申し込み:申し込みフォーム

カテゴリ
ケイゾク編_申し込みフォーム
応募ボタン
最新記事
山の手事情社 浦弘毅演劇WS
日時:平成25年
11月30日(土)13:00~18:00
12月01日(日)13:00~18:00
会 場:劇団ハンニャーズ稽古場(新潟市南区大別當949-1)
参加料:1,500円×2(1日のみの参加でもOKです)
定 員:先着20名様
対象:新潟県内で演劇活動を行っている方(動きやすい恰好でお越し下さい)
申し込み先:浦弘毅WS申し込みフォーム
WS詳細
第1回ヒビノケイコWSについて
2013年4月~9月までの半年間、中長期的なWSを行いました。トレーナーは小林へろさん・志田実希さん。詳細はコチラ
管理人

中嶋かねまさ

Author:中嶋かねまさ
シナモンニッキ
劇団ハンニャーズ主宰
新潟演劇感想「例の掲示板」運営部員

おススメWS書籍

発声と身体のレッスン 増補新版 ─ 魅力的な「こえ」と「からだ」を作るために

新品価格
¥1,890から
(2013/1/20 10:06時点)


演技と演出のレッスン ─ 魅力的な俳優になるために

新品価格
¥1,890から
(2013/1/20 10:08時点)


竹内レッスン―ライヴ・アット大阪

新品価格
¥2,730から
(2013/1/20 10:10時点)


「からだ」と「ことば」のレッスン (講談社現代新書)

新品価格
¥756から
(2013/1/20 10:11時点)


演技者へ!―人間‐想像‐表現

新品価格
¥2,100から
(2013/3/13 09:14時点)


鴻上尚史の「声」のレッスン ~魅力的な「こえ」の作り方~ [DVD]

新品価格
¥2,800から
(2013/1/20 10:16時点)

運営資金に補填
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。